離婚したくないなら、性格直したほうがいいんじゃない?!

あなたは、どんな性格ですか?

離婚に至るまでには、過去にいろいろな出来事が積み重なっています。

そのさまざまな出来事が積もり積もって、夫婦関係にひびが入り、

そのひびから、日常に起こるちょっとした、”行き違いという”雨水がひびに少しずつ流れ込み、ある時一気に崩壊をむかえてしまう…

夫婦の関係は他人からは、見えにくい場所に置かれています。ですから、知人のアドバイスも少し的を得ないアドバイスであったりします。

しかも、お互い(夫婦の)性格を熟知している知人ならともかく、

そうでない、付き合いの浅い知人であるなら、尚更、的確なアドバイスは得ずらいといえます。

お互いの性格の違いを理解して、お互いを受け入れる姿勢がとても大切.。

そこで、今回は私の経験を踏まえて、性格について探ってみたいと思います。

離婚原因なの?あなたのその斜に構える性格

『斜に構える』とは…

斜に構えるとの言葉はそもそも、剣道で使う言葉だったようです。剣道の刀をななめに構える姿を、斜に構えると言ったそうです。

その’斜めから見る姿勢を’人間の性格になぞって言われた言葉こそ’斜に構えた性格’なんですね。

どんな性格なの、斜に構えた人って

基本的に斜に構えた人は、嫌われる性格といえそうです。協調性がないと思われがちなんですね。

『そーなんだ』と他人事に考えているあなたは、注意が必要です。斜に構えた性格だけではないのですが、自分の性格は自分自身では、分かりづらい側面があります。

他人事ではなく、あなた自身が”斜に構えている”のかもしれません。それが、離婚の原因を少しずつ生み出している可能性も…

次の章では、斜に構える人をじっくり理解していきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ