夫の”稼ぎ”と離婚の関係を女性心理から読み解いてみる

女性は生活が保証されないと、それまで燃え上がっていた永遠の愛さえ失ってしまう生き物です。

それゆえ、生活を支えている大黒柱の男性が、稼ぎを失ったり、稼ぎが悪くなったりすると、女性(妻や彼女)、おおいに不安にかられます。と同時に、悩みこんだりしているものです。

しかし、夫(彼)の前では、悩みこんでる姿を見せません。女性は本心と違い、お金の心配をしていることを悟られまいとします。

理由は、”そんなお金のことなどで機嫌が悪くなっている”ということを男性に悟られたくないからです。

あくまでも、金銭以外の理由で、気を損ねている(離婚を考える原因にしている)という形をとりたいのです。

女性の”見栄”とでも言いましょか、本心では”お金が足りない”と叫びたいのです。お金に不自由している情けない自分を認めたくないのです!

男性はそんな女性の内心を知る由もなく、”別の理由”ではぐらかされます。例えばよく聞く理由として”価値観の違い”。

この言葉は使い勝手がいいため、女性が離婚を迫ってたり、別れ際の時によく使われます。

あなたも一度くらい聞かされたのではないでしょうか!?

そう、この”価値観が違うから・・・”こんな理由の裏側にはお金に不自由している女性の不満が渦巻いているかもしれない。こんなことも心しておきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ