あなたの精神状態は大丈夫ですか!?夫婦関係の修復(離婚回避)は正しい精神状態から

妻に許してもらい離婚を回避する方法を見て思うことは、「9年前にこの教材に出会いたかった」です。

離婚して9年が経ちますが、あのころの私は精神状態が普通ではありませんでした。当時はそれに気が付かないものなんです。

今考えれば、
”なぜあんなことを言ってしまったのか・・・”
”なぜあのタイミングであの行動をしてしまったのか・・・”
”あの一言は絶対に言ってはいけない一言なのに・・・”

と、考えれば考えるほど悔やまれてなりません。当サイトを立ち上げようとしたきっかけも、離婚回避するための教材”妻に許してもらい離婚を回避する方法”を目にして。

あの頃と同じ立場に立たされている人がいるのなら、私の経験を知ってもらうことで、何らかの役にたち、誰かの救いになれれば、私の苦い経験も無駄ではなかったかな。と、思ったからです。

今当サイトご覧いただいているあなたも、もしかしたら、ご自の精神状態が普通ではないのかもしれません。でも、相談できる人もいないためか、精神状態が安定しているか否か、考え方が普通の時と同じなのか?が、自分では判断ができずにいると思うんです。

私から言えることは、もし、相談できる人がいるのならぜひともその人に相談してみてください。相談して今の自分気持ちを正直にその相談相手に打ち明けるのです。

相談相手から、いいアドバイスがあればそれでいいですし、いいアドバイスがなくても、相談することによって、あなたの精神状態(考え方)が正常かどうかの判断を第三者から知ることができます。

「妻に許してもらい離婚を回避する方法」
を読むと、そんなことも分かるようになります。

9年前にそのようなことが分かっていれば、絶対に違う行動ができました。もっと彼女の行動の裏側(本当は何を思っていたのか)を読み取ることができて、お互いの為にもっと努力できたんだと思います。

お互いが関係修復に向けて同じ努力をしてたとしても、努力する方向性が違えば、お互いの距離が離れるばかりなんです。一生懸命やればやるほど距離が離れていくのですから切ないものですね。

不毛な努力をするぐらいなら、その道のプロの意見に耳を貸すべきです。実例や経験則からなる知恵を授けてもらうんです。きっと、あなたも今の現状より、一歩も二歩も前進しているはずです。諦めずにやれることはすべてやってみましょう。

プロ心理カウンセラーが監修した教材「妻に許してもらい離婚を回避する方法」の詳細⇒

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ