友達という考え方で復縁する

復縁を強く望むほど復縁が遠ざかる。これは紛れもない事実です。

「追いかければ逃げてゆく~♪」と、こんな歌詞もあるように人(元妻、元カノ)は、追えば追うほど遠ざかってしまう可能性が高いのです。

そこで、お薦めな考え方として”友達から始める”です。

些細な出来事から復縁に成功した事例

ある復縁に成功した事例です。

結婚3年目にして離婚した裕子さんと高志さん(二人とも偽名)は、性格の不一致から離婚に至りました。

離婚しても近所に住んでいたので、裕子さんから月に一度程度、連絡事項を含めた何気ないメールのやり取りがありました。

裕子さんにはまだ特定の相手もいません。でも裕子さんは復縁などこれっぽっちも考えていなかったんです。

ある時、裕子さんに田舎の農業をしている友達から、沢山の新鮮な野菜が届けられました。裕子さんは一人住まいなので、大量の野菜は食べきれません。そこで近くに住んでいる高志さんに届けに出掛けました。

夜も10時を越え人気のない道を向かっていた時、後ろから何者かが通り過ぎました。その瞬間肩にかけていたバックを力ずくで持ち去られたんです。

裕子さんは一瞬パニックになり叫びました。怖くて足がガタガタ震え身動きが取れません。

何分経ったでしょう。裕子さんは気を取り直し、手に持っていた野菜が入った袋を握りしめ、すぐ近所まで来ていた。高志さんの元へ急ぎ足で向かいました。

玄関を開けるや否や、今起こった出来事を、高志さんに話しました。高志さんは冷静に「まず近くにある交番に行こう」と言いました。

交番でいきさつを話、高志さんの自宅に戻りました。帰る道中、裕子さんは思ったそうです「イザという時頼りになるのはやはりこの人かもしれない・・・」。

でも、頼りになるといっても一回は性格の不一致で、分かれた二人ですから、そうおめおめと復縁はできません。

友達からなら復縁しやすい

そんな出来事があってからは、裕子さんから高志さんへ、
メールのやり取りが増えていきました。

何気ない些細な出来事を連絡しあううちに、高志さんは、まず、友達として関係が改善されていく感じを覚えたそうです。

友達のうちは相手に最大の配慮をすることになります。(結婚や付き合いを始めると甘えが生じるためか配慮がなくなる)

そんな連絡を続けるうちに高志さんから復縁を迫り、お互いにこの”友達として尊敬しあえる感覚”を忘れないなら。という条件で復縁を成功させました。

復縁を望むならまずは”新たな友達”を作ることから始めるのも一つの手ですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ