夫婦関係をよくする言葉の魔法とは

女性はしゃべる生き物です。男性のしゃべらないは普通の状態ですが、女性がしゃべらないは、必ず機嫌が悪い時。この沈黙の意味があなたにはわかっていません。そう、女性をしゃべらしてこそ、安定した家庭が保たれるのです。

女性(妻や彼女)にしゃべらせるのと同時に、言葉が持つ大切さをよく知っておくと、男女間の問題解決がスムーズに運びます。人間関係全体もそうですが、男女間ではこの言葉が非常に大切。男性であるあなた以上に女性は言葉を大切にします。コミニュケーションが上手な女性は、言葉で世の中を渡り歩くように作られています。

言葉は一度口から放つと、人を傷つけることもあります。一度傷つけた気持ちを元に戻すことは容易ではありません。時に妻や彼女に放ってしまった何気ないあなたの言葉にも傷つけている言葉があるかもしれないのです。

例えば「お前の姉さんホステスだから稼げていいな」といったとします。何気ない世間一般の認識による会話です。ホステス=稼げる、です。

ですが、ホステスという職業を好意的に思ってない女性だとすると・・・「何よ、ねーちゃんをバカにしてるの」と、機嫌が悪くなる。男性からすれば何気ない世間話のつもりが、相手には攻撃的にとらえられる。これは一例に過ぎませんが、このような認識の違いで夫婦やカップルに少しずつ切れるが生じていくことも珍しくありません。

あなたも言葉選びには常に注意して下さい。(すべてわかりあえるはずもありませんが・・・汗)

言葉を戦略的に使うと男女間はうまくいく

まえの章では言葉が相手を傷つけると言いました。でも、言葉があるからこそ、男女の関係も成り立っています。人の心を左右する諸刃の剣ですね。であるのなら、言葉を巧みに使って、相手の気持ちを楽しい気持ちにしてあげてはどうでしょうか!

相手を喜ばせる基本の”基”がこれっ。
「ありがとう」

とにかく、ありがとうを連発していれば無難です。ありがとうという言葉は不思議な言葉で、何回言っても嫌味にならないですし、言えば言うほど、親近感というか、安心感がわきます。特に喧嘩や関係が悪化しそうなときは、男性のプライドからか、へりくだったことがが出てきません(あなたもそうではありませんか?)

そんな時で、気持ちが入っていなくても”ありがとう”を言うのです。無理やりにでも(相手に気持ちが悟られないような態度で)。すると、言っている自分も気持ちが落ちついてくるし、相手にも悪い印象をもたれません。

逆に態度では納得いかないそぶりをしますが、心の中では気持ちが変わる準備をしだします。

女性は褒めて共感してなんぼ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ