失恋ソングを復縁に生かす

世の中には名曲と呼ばれる楽曲が星の数ほどあります。その中でも”失恋ソング”は、恋愛から別れるシチュエーションもあれば、夫婦が別れるシチュエーションだってあります。

離婚問題が佳境を迎えた時、失恋の時と同じ感覚がよみがえるのは、あなただけではありません。そんな時に勇気を与えてくれるのが、失恋ソングではないでしょうか。

数ある失恋ソングの中で、AAAさんの”ぼくの憂鬱と不機嫌な彼女”を紹介したいと思います。

まずは、歌詞から。

ありふれてゆく時間がただ二人を乗せて運んでゆく
写真の中のあの笑顔はこんな日が来ると知らなっかたね
いつからだろう些細なことでケンカばかりしてきたね

思いやりや優しさや温もりを置き去りにして
僕の憂鬱と不機嫌な彼女
どちらのせいでもなくそばに居すぎただけのことで
戻れないと分かっているのに
もどかしいくらい弱気で身勝手な僕は君をまだ離せない

話しかけても上の空で慌てて咲かす作り笑顔
背中を向けたその瞬間また一つ君がため息をつく
僕が君にあげられるものそれはきっとただ一つ
幸せとか約束じゃない何か答えは自由

大好きとか愛してるだとかいとしいあの響きが
色褪せた言の葉に変わる
その代わりに隠してた言葉声には出せないさよなら
明日の朝目覚めたとき残してくから

まだ暖かいベットと裏腹に
体温のない冷え切った胸騒ぎが僕の心からぶら下がり
あの日あの時ほらもしもああしてたらとか

想い出は後悔に姿かえるジョーカー
君のキーケースと心のスペースから出ていくから
You go your way

僕の憂鬱と不機嫌な彼女
その心の中には僕の知らない誰かがいる
仕方ないと諦めてみても
込みあげる悔し涙が止まらない

僕の憂鬱と不機嫌な彼女
もうすぐ何もかもが想い出の花びらに変わり
開けたドアに流れ込む風が
全てを連れ去り舞い散る鮮やかに
これが僕の愛の形だ

僕が君にあげられるものそれはきっとただ一つ
幸せとか約束じゃない何か答えは自由

この歌詞の中に出てくるこのフレーズ
僕が君にあげられるものそれはきっとただ一つ
幸せとか約束じゃない何か答えは自由

呆然自失な状態から少し正気を取り戻し、何が、彼女の為になるのかを考えた末のひと言だと思いました。あなたはどう感じましたか?

でも、実際このひと言ってなかなか言えないものです。私はとても言えませんでした。自分の事で頭がいっぱいで相手(妻や彼女)の事など頭に入ってきませんでした。

今、客観的にこの歌詞を眺めたら、相手を思いやる気持ちは大切だな。と、いまさらですが、そう感じます。

で、一つの”手”として、こちらの記事で紹介しているように、離婚されそうなら一度離婚してみる!?”諦め”が生む効果とは?

一度、心を整理して、相手を思いやり、”僕が君にあげられるものそれはきっとただ一つ幸せとか約束じゃない何か答えは自由

そう、妻や彼女に自由を与えてあげて、一回リセットすることもいいのかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ