精神的ダメージが大きい時の対処方法

離婚問題で悩み張りつめた生活を送っていると、気持ちがもモヤモヤして、精神的にも大きなダメージを負ってしまいます。

離婚問題には長い時間をかける必要もでてきます。長い道のりを乗り切るためには、精神的ダメージを残すてはいけません。できる限り平常心を保たなくてはならないんです。

そこで、今回は、大きなダメージを受けた時の対処方法(考え方)を紹介します。

まず悩んでいる自分に気づくこと

防衛本能からくるこんな気持ち。「自分は別に悩んでいないんだ。少し時間をかければ問題は解決するよ」。このような心の声。

これは自分に危機(恐怖)が迫っていることを本能的に回避しようとしている心理です。

本当の心は、「無理して強がっているけど、これから先俺はどうなるのかな・・・」。

こんな不安な気持ちでいっぱいになっています。心とは裏腹な行動をとらなくてはならい体は、体調不良や精神疲労という形で表れてしまいます。

そんな時には、まず、自分は悩んでいるんだと、しっかり認識することが大切です。

ありのままの自分を受け入れる

ありのままの自分をしっかり受け入れ、悩んでいる自分を大切にしましょう。そういう心構えこそが、問題を解決に向かわせ、体調をも整えてくれるに違いありません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ