ネットワークビジネスに参加しないと、子供が仲間外れにされるから

前回はこんなことを書きました⇓⇓

妻にしてみればこんな気持ちになっていたのでしょう。でも傍(はた)から見れば、明らかに”公私混同”で、仕事とかこつけて、友達同士で楽しんでいるだけなのです。

そう、ネットワークビジネスに携わっている人の、身近な人から見ればこんな風に見てとれる行動でも、本人達にはそう思われている実感がないんです。

”実感がない”

これがポイントなんです。実際に私の妻もネットワークビジネスにのめり込む前は、一般的な感情を持ち合わせていました。ネットワークビジネスが善いか悪いかではなく、一般常識としてどう見られているか、です!

物事を違う視点で捉えれば、彼女たちのように毎日楽しく仕事をして、その仕事が生きがいで、尚且つ収入を得られるのならば、これ以上にいいことは、ありませんよね。

仕事はそれなりに辛く厳しいもの。と、考えている人には、”眉唾もの”かもしれませんが、ネットワークビジネスで実際に稼いでいる人もいるわけですから、決めてけることはできません。

妻にしても、あの人のように(組織の上の人)なりたいと夢をみて努力することは、他の仕事となんら変わりないわけですから。

ネットワークビジネスの何がいけないの!?

私の考えで要約すると、

「あまりにも自己中心的(ビジネスが中心の考え方)になりすぎて、周りが見えなくなる事」

そのために、家族の為、子供の為、夫の為、と言いながら、一番に優先していることは、ビジネスなんです。

学校でママ友のネットワークビジネスに参加しないと、子供が仲間外れにされるから、絶対に仲間に加わらなくてはいけないの

これを聞いておかしいと思わないですか!?

子供の為といいながら、ビジネスが最優先になっていることを、この時点まで来ると、妻は分からないんです。本気でそう思っているんです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ